筋トレ雑談

    ベンチプレス・フォームのズレの原因や修正の為

    はじめに

    ベンチプレスをやっている中で、いつもと同じフォームなのに何かしっくりこない、調子が悪いなんて事も多いかと思います。

    調子が悪いのにはたくさん原因があるかと思いますが、今回は気づかないうちに起きているフォームついて書きたいと思います。

    あくまで個人的な考えですが、少しでも参考になれば幸いです。

    慣れからくるズレ

    いつもと同じフォームで体調も悪くないのに、ある日から何だか調子が良くないし、しっくりこない。

    こんな時は、ひっそりとフォームがズレてしまっている可能性があります。

    原因は慣れかもしれません。

    例えば、肩甲骨を下げる意識をしていたとします。

    最初は少し下げただけでも、ガッツリ下げている感覚になるかもしれません。

    しかし続けて行く事で慣れてしまい、どんどんフォーム作りのアクションが大げさになったり、柔軟性が増したりと、知らずのうちにもっと下がっている。

    最初にしっくり来て調子が良かった時より下がりすぎてしまい、フォームがズレる。

    他にも、外旋が強くなりすぎていたり、肘を絞りすぎていたり、足を引き過ぎていたり。

    ズレる箇所は人によりいろいろありますが、フォーム組む時にガチっと嵌る感を正解としていると、ガチっと来る感覚がどんどん深くなりズレてしまう可能性があります。

    メモの重要性・書いておくべき事

    日々同じ事やっているつもりでも、上で書いたようにズレてきてしまう事は多々あります。

    そんな時の為に、メモがかなり重要になってきます。

    動画も勿論大切ですが、動画だけでは詳しい感覚や意識までは分かりません。

    大事なのは感覚・意識です。

    フォーム作りの1つ1つの局面で何を意識していたかが重要です。

    本当に細かく書いておいて損はありません。

    ベンチに寝てちょっとモゾモゾしてフォーム完成という人は少ないかと思います。

    多くの人がじっくり作っていくかと思います。

    例えば、最初にお尻を上げてスライドしながら肩甲骨を下げて行き、グリップ決めて再度お尻上げて更に胸を高くしたりなど。

    フォーム作りの局面局面で、何を意識して何をしていたかをメモに書きます。

    他にも、ラックアップ前の意識やラック後の意識・下しの意識、目線やグリップの細かい意識、足の感覚、更にはリストラップの巻き位置など。

    人によっていろいろあると思いますが、細かくメモしておくことをオススメします。

    必ず役に立ちます。役に立つ日がきます

    最後に

    一生懸命やるほど陥りやすいかもしれませんが、メモをしっかり書いておけばズレの修正の大きな手掛かりになります。

    また、新しい発見もあるかもしれませんので、是非メモを詳しく細かく書いてみて下さい。

    それでは皆さんケガに気を付けて頑張って下さい

    ABOUT ME
    MOHITON
    猫好き中年ホームトレーニーのMOHITONです
    こんな記事もおすすめ

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA