筋トレ雑談

    ベンチプレス100kg上げるのに最も大切な事

    はじめに

    ベンチプレス100kgまでに3年費やした僕だからこそ分かる事があります。

    才能のある人は躓くことのない石ころにも、ガッツリ躓いてきたからこそ同じような人の気持ちも分かるかと思います。

    今回は100kgクリアにはフォームや補助種目・プログラムなどいろいろあり、大切なのですが、

    とどのつまり結局どうすれば良いのか、何が大切なのかという、僕なりの考えを紹介したいと思います。

    本当にもっと早く今の考えなら100kgにあんなに苦労する事はなかったと思いますので、少しでも参考になれば幸いです。

    有名な選手の真似を雑にしてしまう

    真似をするのは基本大切ではあるのですが、落とし穴というか、注意点があります。

    まず才能というのは身体的な才能も勿論なんですが、なにより自分の体の変化や動きなどに敏感で正確だというのが大きいと思います。

    Aさんのフォームを真似てみた時に、今までの自分の動きとどう違うのか、このフォームは何の為なのか、何がしたいからこのフォームなのか。

    このような事に敏感で、且つ正確なんです。

    なので、いろんなフォームを真似ながら良いとこどりなんて事が出来ます。

    僕の様に才能がない人は、理解できない・理解したつもり・などを繰り返し迷宮入り、もしくはケガをする。僕はこんな感じでした

    ソシャゲのガチャみたいに、たまたま一発で自分にピッタリのが当たる何てことも…まず無いと思います。

    しかし、個人でやるには誰かを参考にして真似をするしかありませんし、大切です。

    なので真似をする条件として

    ①特殊なフォームや極端な動きは真似しない

    例えば2段階フォームやグリップ・リストラップの巻き方1つもそうです。まずはシンプルに。

    ②なるべく自分に似た骨格の人を真似る

    あまりに階級が離れていたり、あきらかに体の部厚さが違ったり、腕の長さなども、出来るだけ似た感じがオススメです。

    100kg出来ない頃はいろいろやりましたが、出来るようになってしまえば、外旋だろうと内旋だろうと、ワイドだろうとナローだろうと出来ます。

    1人で壁に当たり悩んで悩んで苦悩している時は、中途半端にいろんな知識などが増えてしまったり、変な常識を自分で作ってしまったりしていました。

    大切なのはケガのリスクを減らして日々コツコツやっていき、自分の80%・90%を底上げしていく事です。

    その為に、真似るにも特殊な事は避け、基本的な事を真似て行きましょう。

    特殊な種目に手を出す

    ボードプレス・ブロックベンチ・スリングショットなど。

    これらはとても良いトレーニングではありますが、100kg未満で手を出すのはオススメとは言えません。

    ボードプレス・ブロックベンチ・スリングショットなどは、普通では出来ない重量を扱う事が出来ます。

    そこが利点の1つだったりします。

    100kg未満というと、おそらくフォームも確立してないし、自分の事にさえあまり詳しくないのではないかと思います。正に昔の僕です

    こんな状況でやるのは危険です。

    これらはまず、自分のフォーム確立しているのが大切です。

    僕は藁をもなんとやらでやっちゃってましたので、今思えば反省です。

    考え方が変われば全て変わってくる

    同じ5×5をやっていても、どうやるかで結果はかなり違ってきます。

    極端ですが、Ⓐさんはしっかりコンセプトをもって5×5、Ⓑさんは何も考えずバンバン弾ませて5×5。

    結果は見えてるかと思います。

    何をするにも考え方さえしっかりしておけば、同じ事でも行動が変わってきます。

    考え方は全てに影響してきます。

    プログラム選び・プログラムの取り組み方・補助種目・道具選びなどなど、日々のモチベーションすら変わってきます。

    考え方や取り組み方が100kgクリアに最も大切な事かと思います。

    まとめ

    まだまだ書きたいのですが、とても長くなってしまうのでこの辺で終わります。

    とにかく基本に立ち返り、特殊ではなく普通にコツコツと底上げしていきましょう。

    100kgは必ずものにできます。いつでも上がるようになります

    それでは皆さんケガに気を付けて頑張って下さい。

     

    ABOUT ME
    MOHITON
    猫好き中年ホームトレーニーのMOHITONです
    こんな記事もおすすめ

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA