筋トレ雑談

    【ベンチプレス】効果抜群・やって良かったトップセット

    はじめに

    トップセットというのを聞いたことがある方も多いかと思います。

    トップセットもやり方が色々あるかと思いますが、今回は1レップのトップセット(トップシングル)について

    僕がやっていた方法やメリットを紹介したいと思います。

    少しでも参考になれば幸いです。

    やり方

    児玉選手が言っていた内容を参考にしました。

    まず1回のMAX-10kgをスタートとして、重量を増やしながら計3セット~4セット行います。

    仮にMAX100kgだとしたら・(全てポーズでやります)

    1セット目・90kg×1回×1セット

    2セット目・92.5kg~95kg×1回×1セット(1セット目の調子で2.5kg~5kgプラス)

    3セット目・95kg~100kg×1回×1セット(2セット目の調子で決める)

    4セット目・MAX挑戦(基本は3セットまでですが、ここまで全て調子良くまだ行けそうなら)

    これらのセットが終わったらメインに入ります。

    メリット

    1回のMAXはたった1回しか出来ない、たった1回で限界になってしまう重量。

    少しでもミスをしたらもう取り返せないとてもシビアな重量です。

    つまり1回のMAXは力は勿論ですが、「1回のMAXという種目」と言っても過言ではないくらいとても技術が大切になります。

    なのでトップセットを毎回やる事で、1回のMAXに慣れる・コントロールなど技術を刷り込む事が出来ます。

    1回のMAXを伸ばしたいなら、1回の練習をした方が良いです。

    注意点

    フォームに細心の注意を払ってください。

    ポーズでやるのはしっかりコントロールすることが目的です。

    よく見るドスンドスン落とすようなフォームだったり、途中まで丁寧で胸につく瞬間にドスンと落としたりはダメです。ケガしてしまいます

    こういった場合は、まずドスンドスンを直すことを1番の意識としてトップセットを行います。

    同じ内容でも、何を1番の意識・目的にするかで変わってきますので、まずはドスンフォーム修正のためにトップセットをやる。

    そうすればコントロールする為に自然と重量も軽くなるはずです。

    これが重量に拘った意識を1番にしてしまうとドスンフォームに磨きがかかってしまい、無駄な疲労・ケガに繋がります。

    何を1番の目的にするかは重要です。

    ベンチプレス・ボトムでアーチを崩さない為の方法・意識 はじめに 動作中・ボトム付近・バーがつく時などに胸が沈んでしまうという方も多いのではないでしょうか。 せっかく胸...

    まとめ

    フォームが安定しない状態ならまずはコントロールを主眼にやっていって下さい。

    僕はこれでドスンフォーム脱却して停滞も突破しましたので、良かったら参考にしてみて下さい。

    それでは皆さんケガに気を付けて頑張って下さい。

    ABOUT ME
    MOHITON
    猫好き中年ホームトレーニーのMOHITONです
    こんな記事もおすすめ

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA