筋トレ雑談

    【ベンチプレス】足の位置を決める目安・練習方法

    はじめに

    足の位置はどこがいいのか調べると、「踏ん張れる位置」や「蹴れる位置」だったり出てきますが、それでも良く分からないという方も多いかと思います。

    僕もそうでした。いや僕だけかもしれませんが

    極端な話、とんでもなく投げ出したりしなければある程度の所ならどこでも踏ん張れてしまうし、蹴ろうと思えば蹴れるしで、まさに⁇でした。

    つまり正解の感覚を知らない、ベンチプレスで足を踏ん張れている状態が分からないので謎になってしまっていました。

    もし僕と同じような悩みの方がいましたら、今回の内容が少しでも参考になれば幸いです。

    足の決め方・イメージ

    冒頭にも書きましたが、正解が分からない以上どこでも踏ん張れてしまう気がして迷ってしまうので、まず試して感覚を体で覚えるしかありません。

    試すにも正解の感覚が分からなければゴールがないので、僕なりに調べて決めた基準や感覚を紹介します。

    「足の裏」「肩甲骨」「手の平とシャフト」が繋がっているイメージ・力が伝わり挟まっているという感覚を頼りに、自分に合ったものを探していきます。

    まず「四頭筋や腿の付け根など、体が窮屈になりすぎない」これを条件として、足を引けるだけ引いて始めてみる。

    そして、少しずつ投げ出してみたり・脚や踵を開いたり閉じたりして「足の裏」「肩甲骨」「手の平とシャフト」が繋がって力が伝わり、アーチを頑丈に保てる場所を探す。

    こうして、「ベンチプレスで足を踏ん張る」という自分なりの正解を見つけて行くしかありません。

    練習していくうちに、引く派か投げ出す派かなど分かってきます。

    自分に合うフォームの選択方法

    一度に何パターンもやらず、試したいフォーム2パターンに絞ります。

    そして交互に1回ずつ試して重量を増やして行きます。

    軽い重量では分からないので、MAXの90%以上~くらいの重量がオススメです。

    そしてどちらかが潰れたのにもかかわらず、どちらかは成功する。

    これを何回か繰り返していき、成功した方・もしくは感覚が良かった方を採用する。

    簡単ではありますが、迷った時によくやる方法です。よかったら試してみて下さい

    フォーム練習するなら動画撮影は大切

    動作中にアーチが潰れてないか、膝が流れてしまってないかなどの確認も大事ですし、いくら踏ん張れてもお尻が浮いてしまっているかもしれません。

    感覚だけを頼りにしていると、アーチが潰れてしまっていたり、小刻みにお尻が浮いていたりなど、案外気付かない場合が多々あります。

    まずは横から撮影しながらフォームチェックをすることをオススメします。

    自宅ならパンツ一丁でやった方がお尻の確認がしやすいです。

    その他にも前腕の傾きなど、動画で客観的に見て初めて分かることもたくさんありますので、いろんな角度から撮影しましょう。

    【ベンチプレスのレッグドライブ】足を使う時の意識・使い方 はじめに ベンチプレスで大事な要素の1つ「レッグドライブ」というのを聞いたことがあると思います。 しかし漠然と足...

    足の決め方・まとめ

    「四頭筋や腿の付け根など、体が窮屈になりすぎない」まずこれを条件として、引けるだけ引く。

    「足の裏」「肩甲骨」「シャフトと手の平」が繋がるイメージ・力が伝わる・挟まる感覚を探る。

    しっかり力が伝わり、アーチを頑丈に保てる場所を探す。

    考え方や合う方法は人それぞれですが、よかったら上記の条件を参考にしてみて自分の正解を探してください。

    ABOUT ME
    MOHITON
    猫好き中年ホームトレーニーのMOHITONです
    こんな記事もおすすめ

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA