筋トレ雑談

    ベンチ100kgの為、初心者の時にやるべきフォーム慣れと体力づくり

    はじめに

    昔は今ほど情報が無いだけではなく、分からない事が分からないので調べる知識も無く、ベンチプレス100kgまでにかなり苦労しました。

    昔の失敗から今思う、過去の自分に教えられるならどうするかという内容を紹介します。

    いろんな考え方があり正解は人によって違いますが、1つの方法として少しでも参考になれば幸いです。

    まずは動作に慣れてフォーム作り

    当たり前ですが最初はフォームが全く出来ていなく、また体も硬くブリッジも組めない方が多いかと思います。

    なので、未来の為にそこをしっかり鍛えて土台を作っておくことが大事です。

    丁寧に動作する事を癖にする

    過去の自分に1つしか伝えられないとしたなら、間違いなく選ぶくらい大切と思うのがバウンドについてです。

    初心者でやってしまいがちなのが、最初からトップスピードのパターンや、半分~胸に触れる寸前にストンとするパターンなどです。

    バウンドは一番辛いボトム付近をズルしていますので、ある程度のうちはバウンドさせた方が楽です。自分もやってしまっていました

    しかし、そのうち通用しなくなりますしケガをする確率も高くなります。

    体がかなり大きく関節などもガッシリ太いなどじゃない限り、しっかりコントロールして丁寧にという意識付けが非常に大切です。

    ブリッジ作りを頑張る

    最初は殆どブリッジが組めず、アーチが低いのはしょうがないですが、そこに甘んじていると成長しません。

    ぎこちなくても頑張っていく事で、ある日コツが分かったりもします。

    最初は辛いかもしれませんが、しっかり全力で組む努力をして行く事で楽に出来るようになってきますので、諦めずに頑張る事が大切です。

    がむしゃらに限界までやらない

    最初はフォームが定まっていないので、全て限界×3セットなど無計画に限界までやっているとかなり酷いフォームになってしまいます。

    無駄に負担をかけて疲労は溜まるしケガの心配もあり、何よりこの先の為にもなりません。

    なので、しっかりフォームを崩しすぎずに且つ頑張れるようなセットをこなすのが大事です。

    しっかりセットをこなせる体力をつける

    最初はセットをこなす基礎体力も低いかと思います。

    なので、ある程度の高回数で多セットをこなし、未来の強度の高いトレーニングの為にも体力をつけるのが大切です。

    セットの例

    頻度は最低でも週2・出来れば週3で、8回×5セットが全て出来る事がクリア条件。

    セット中に8回がこなせなくなってきて、6回くらいになったら無理くりやらず重量を5kg程度下げて8回、とにかく5セットはこなす。

    余裕な温いトレーニングをするのではなく、肘を開きまくったり、手首こねたり、体をくねくねさせたり、肩でまくりあげたりしないで頑張ります。

    フォームをぐちゃぐちゃにしない範囲で、でもキツく頑張る意識が大切かと思います。

    初心者の時こそチャンス

    ある程度知識などついてきて頭でっかちになってくると、本能なのか知りませんが、自分に都合が良い物を選びがちなってしまいます。

    8回~10回×5セットなどきついので、少ない回数でのセットばかりやってしまっていたり。

    なので初心者のうちにしっかり慣れておくのが大切です。

    ベンチプレス100kg:まとめ

    冒頭にも書きましたが、いろんな考えがあるのを踏まえて。

    まずは丁寧にコントロールする癖をつけるのと、未来のハードなトレーニングの為の基礎体力づくり。

    最初のうちこそしっかり下積みをするチャンスです、ここをサボると後々面倒になりますのでコツコツやっていく事が大切かと思います。

    ABOUT ME
    MOHITON
    猫好き中年ホームトレーニーのMOHITONです
    こんな記事もおすすめ

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA