筋トレ雑談

    【ベンチプレス】調子が悪い日の為の準備とやらない方が良い事

    はじめに

    調子が悪いと言っても体調管理不足やマンネリなどいろいろあります。

    その中でも僕自身が良く経験したのは、食事もしっかり摂りよく寝ていて体調には何の問題もない、疲れも溜まってないのに何か調子が悪い。

    今回は、たくさんそんな状況に陥って学んだ対処方法や、失敗したことなどを紹介したいと思います。

    少しでも参考になれば幸いです。

    感覚や意識を記録しておく

    まず動画を撮っておくのは勿論ですが、それだけではあまり効果的ではありません。

    一番大事なのは、何を意識していたかを記録しておく事です。

    人のフォームを形だけ真似しても上手く行かないのと同じで、過去の自分のフォームも形だけ真似しても上手く行きません。

    何を意識していたか、どこに力を掛けていたのかなどが大切なヒントになります。

    一昨日は出来ていたのに、今日は調子が悪い…疲れも溜まっていないのに。

    こんな短期間に筋肉がどうのというのは考え辛いので、原因はまずフォームのズレです。

    寝る位置がほんの少し変わるだけで全然違ったりします。

    チェックメモの例

    僕が実際に調子が悪い日にチェックする為のメモの内容です。

    ●寝る位置が深くなりすぎていないか

    ●肩甲骨を下制しすぎに注意

    ●ベンチとシャフトにしっかり挟まるように圧を掛けているか

    ●肘を伸ばして受けているか・手のひらにシャフトが正しく乗っているか

    ●足を踏ん張ってブリッジを高く張っているか

    ●下げる時に前鋸筋(脇の下らへん)を締めるようにしているか

    などなど、細かくすればもっとありますが大まかにはこれくらいで、何か調子が悪いなって日はだいたいどれかに当てはまります。

    調子が良い時や感覚が良い時に何をしていたのか、出来るだけ詳細にメモしておくのがかなり役に立ちますのでオススメです。

    やらない方が良い事

    上記で書いた事をせずに感覚だけであれこれフォームをいじったり、何度も何度も潰れた重量にチャレンジしたり。

    何となくしっくり来てしまう日もありますが、それは勘違いの可能性もあります。

    手幅を少し狭くしたら調子が良くなったとしても、それは微妙に使う筋肉が変わったことにより元気に出来ただけかもしれません。

    何より今まで調子よく出来ていたフォームであれば問題なく出来るはずなので、極端に変えるのは避けた方が良いと思います。

    その日の勘を頼りにフォームをいじっていると本当に絶不調になってしまいますし、この先何をどうしていいのか分からなくなってしまいます。

    おわりに:自分のフォームを把握しておく

    自分のフォーム(特に意識)を把握しておくことが不調脱出のヒントになります。

    他にも、新しく進化する為のフォームチェンジの時にも役に立ちます。

    手あたり次第に勘や誰かの形だけを頼りにやるのは賭けみたいなもので、なかなか身になりづらいですので是非面倒くさがらずやってみて下さい。

    それでは皆さん、ケガ無く筋トレを楽しんでいきましょう。

    ABOUT ME
    MOHITON
    猫好き中年ホームトレーニーのMOHITONです
    こんな記事もおすすめ

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA