筋トレ雑談

    【ダイエット】減量中の重量維持についての注意点・欲張らない事

    はじめに

    今回は、減量中の筋量維持の為には「重量を下げない」と言われている事についての注意点などを紹介したいと思います。

    過去の自分の経験を元にしていますので、他にもいろんな考え方があるとは思いますが、1つの例として少しでも参考になれば幸いです。

    減量中の重量について

    減量中は筋力を落とさない為に、重量を下げてはいけないと言われています。

    確かにその通りだと思いますが、ここでやってしまいがちなミスがあります。

    それは「重量」・「回数」・「セット数」全てを追ってしまう事です。

    仮に100kg×5回×5セットやっていたとして、減量中にそれを維持するのはほぼ無理です。

    この全てを目安にしてしまうと、メンタルにも体にもかなり負担がかかります。

    ポイントは「重量」は死守する・どんな形であっても…です。

    重量を触っておく、重さを忘れない事が大切で、減量が終わってから元に戻すのにも役立ちます。

    大事なのは重量

    過去の僕がそうだったのですが、仮に100kg×5回をやっていてそれを守ろうと努力する。

    そして段々こなせなくなって来て、100kg×3回になり2回になり…と減っていく。

    ここで僕が選んだ事は、いよいよかと渋々重量を下げる。

    僕以外にもこう考える人もいるのではないでしょうか?

    でも、まだ100kgは持てているはずです。

    なのになぜか回数を基準にして、大事な重量を下げようとしてしまいます。

    これが間違いの始まりです。

    1度重量を下げると一気に落ちます

    100kg×5×5を維持するという、欲張りセットを目標にして、こなせなくなったからと泣く泣く重量を下げようとすると、あっという間にズルズル重量が落ちて行きます。

    減量で疲れた体が「待ってましたと」言わんばかりに…

    なので、回数・セット数は切り捨て、重量のみに集中しましょう。

    重量を下げると本当にガッツリ落ちて行きます。

    1回でも、半分でも、ラックアップだけでも

    前提として、出来ているうちは勿論頑張りますが、こなせなくなってきた所でフォームを崩して無理をしない事です。

    1セットだけでも・1回でも・半分しか動かせなくても・ラックアップだけであっても、最後まで100kgを持ち続ける事が大事です。

    その後に重量を下げてセットをこなしていきます。

    全てを追ってしまうとロクなことになりませんので、回数やセット数が落ちるのは予め想定しておき重量のみに焦点を当てましょう。

    まとめ

    今回は減量中の重量についての注意点など紹介しました。

    大切なのはまず重量、回数やセット数まで欲張っても上手く行きませんので気を付けて下さい。

    それでは皆さん怪我無く頑張ってください。

    ABOUT ME
    MOHITON
    猫好き中年ホームトレーニーのMOHITONです
    こんな記事もおすすめ

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA