筋トレ雑談

    【筋トレ初心者】フォームを真似ても上手く行かない原因や注意点

    はじめに

    今の時代はいろんな人、いろんな選手などの動画がたくさん見れてフォームの研究など出来ます。

    しかし見よう見まねでやってみても思うように出来ない事が殆どではないでしょうか?

    勿論、才能などの違いもありますが、僕的に思う根本的なことがありますので紹介します。

    1つの考えとして、少しでも参考になれば幸いです。

    意識・感覚は目に見えない

    どんなに動画を見漁り動きを真似ても、その人が持っている・大事にしている意識・感覚は分かりません。

    そこを分からずに単に動きだけを真似しても、上手くいかなくて当然かもしれません。

    もっと言えば、その日によってとか、何ならセット毎に意識は違う場合も多いと思います。

    しっかり説明してくれている動画ならまだ分かるかもしれませんが、動きだけとか言葉が分からない海外の動画とか見て単に真似をしてもグダグダになる可能性が高い。

    調べる時間・練習の時間が短すぎる

    いろんな選手の動画を見てきましたが、シーズンによっては勿論、体の具合やテーマによってなどで大なり小なりフォームを変えている場合も多いです。

    ルーティン動作・手首の角度・脚の幅・担ぐ位置・息の吸い方やタイミング・顔や目線の角度・などなど

    1本や2本の動画を見ただけでは足りないと思いますので、真似をしたいなら意識や感覚をガッツリ研究するのをオススメします。

    フォームを真似るというのは形ではなく、「出来る限り意識や意味を真似る」という方向性で考えるのがオススメです。

    体格・バランスが違いすぎる

    真似をしようと思う選手の体格が自分とかけ離れている。

    体の厚み・腕の長さ・胴体の長さ・肩幅・脚の長さ・膝上と膝下のバランスなどなど…

    ここが違いすぎると、自分には合わない、もしくはやってはいけないフォームをしてしまう事になるかもしれません。

    指導をしてもらえるなら良いですが、自己流で真似をするならここがかけ離れてると意識や感覚も分かりづらくなります。

    僕がスーパーヘビー級のレイ・ウィリアムズ選手のフォームを真似しようとしても何も上手く行かないと思います。

    参考や真似をする際の注意点

    まず、参考にしたい内容にもよりますが、体格やバランスは出来るだけ近い方が良いでしょう。

    スクワット動作の参考にするとして、大腿が長い人が大腿の短いタイプの真似をするのは上手く感覚をつかめる可能性は低くなります。

    難しい事ですが単純に動画をみて真似するのではなく、動画を見る目的としては何を意識してそのフォームなのかを考える事が大事だと思います。

    そして2回や3回で諦めたり、いっきにいろんな人を参考にして混ぜてしまわない事も大切です。

    さっきも言いましたが、フォームを真似るというのは形ではなく、「出来る限り意識や意味を真似る」という方向性が大切だと思います。

    海外の選手のフォームの例

    あくまで個人的な考察なので本人の真意は分かりません

    僕が好きな選手の1人で、過去に動画を見漁っていた「ブレッド・ギブス選手」の場合

    ブレッド・ギブス選手はベンチプレスのルーティンで体を大きく伸ばしましますが、肩甲骨を下げる為の予備動作でしょうか。真意は分かりませんが、単に癖ってことはないでしょう

    更に注目すべき所は、ボトム(下し)でバーを胸にガッツリ沈ませるのが特徴ですね。

    少し古い動画ですが【6分25秒】からのベンチプレスが分かりやすいので紹介します。

    胸に沈ませてますが、アーチは崩れてなくしっかり脚で受け止めているように見えます。

    これは脚の力・脚の反動をフルに使えるようにしているのではないかなと僕的には思っています。勿論、これも真意は分かりませんので違うかもしれません…が、

    このように、真意は分からなくても何でかな?と考察してみて、自分なりに答えを見つけてから真似をしてみてまた考える。

    真似や参考にするならこの作業が大切だと思います。

    また、そうやってる中で自分に合った感覚・意識などに出会えるかもしれません

    おわりに

    意識・感覚は目に見えないので、何の為にこの形なのか考えてみる

    出来るだけ意味を理解して、ある程度はやり込む必要がある

    形ではなく、意識・意味を真似る方向性で考える

    体格があまりに違いすぎないか注意する

    これらを意識してフォームなど参考にしてみて下さい。

    きっと自分にハマる意識や感覚が存在するはずですので、皆さん怪我せず筋トレライフを頑張りましょう。

    ABOUT ME
    MOHITON
    猫好き中年ホームトレーニーのMOHITONです
    こんな記事もおすすめ

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA