商品紹介・使用感

    オススメのフラットベンチはコレ1択【コスパ最強ベンチ紹介】

    はじめに

    ベンチ台はベンチプレスをはじめ、いろいろな種目で必須と言えますし、トレーニングの幅がグッと広がります。

    ホームジムを作り数年経った僕が実際に使っている、安定感・強度に優れたコスパ最強のフラットベンチを紹介しますので、少しでも参考になれば幸いです。

    リーディングエッジ:フラットベンチ(固定式)

    長年リーディングエッジ(固定式)のフラットベンチを使っていますが傾く事もなく、とても丈夫で安定感も良く安心してトレーニングが出来ています。

    昔はちゃんとした道具の大切さを知らずに甘く見て、少年ジャンプを何十冊もガムテで巻いて使っていました。

    めちゃくちゃ痛いし、金額もたぶん7~8千円くらいかかってると思います。

    今思えば我ながら何がしたいのか全く分りません。

    丈夫でしっかりしていて価格も安い

    インクラインベンチは見るからに変なのも多いので、ある程度しっかりした物を探すと1万円以上は当たり前と価格もあがります。

    それに比べ、このリーディングエッジのフラットベンチは安定感に優れていて価格も約6千円とかなりお手頃です。

    インクラインベンチは主に胸の上部を鍛える目的で考える方が多いと思いますが、ナローベンチで十分に刺激が入ります。

    むしろナローベンチの方が胸の上部への刺激は強く入り、インクラインは意外にそれほど上部への刺激は強くないというデータもたくさんあります。

    他にもいろんな種目が出来ますし、何よりベンチ台に大切なのは丈夫さ・グラつかない安定感に限ると思いますので、価格が安いフラットベンチで十分です。

    詳細によると、日本国内検査機関による耐荷重検査を実施済みで

    検査方法はベンチを水平な床の上に置き、中央部に300mm×300mmの板を介して垂直に約750kgを3分間加える

    結果、破損・変形・使用上支障のある異常は見られなかったそうです。

    固定式がオススメ

    リーディングエッジのフラットベンチには固定式と折り畳み式がありますが、折り畳み式だと傾いてしまったりグラついたりする場合があります。

    なので、断然固定式がオススメです。

    よりシンプルな作りの方が安定感が増します。

    リーディングエッジ・フラットベンチのサイズや詳細

    耐荷重・約300kg、本体の重量・約12kg

    シートのサイズは、約110cm×幅25cm×厚み7cm

    ベンチ台の高さは約42cm

    ※シートは分厚く沈み込み過ぎず、耐久性も優れていて、フレーム(脚)も太くしっかりしていて安定感が抜群です。

    フラットベンチを使う種目の例

    ベンチプレス・ナローベンチ・足上げベンチ・ダンベルベンチとフライ

    スカルクラッシャー・プルオーバー・ブルガリアンスクワット・ワンハンドロー

    体を起こしてインクラインカール・など、まだまだ書ききれない程ありますのでそれだけトレーニングの幅が広がります。

    まとめ

    しっかりしたベンチ台が1つあればトレーニングの幅が広がり楽しく、効率良く鍛えられますし、かなりお手頃価格なのでオススメです。

    安くて質の悪いのは論外として、わざわざ高いインクラインベンチなどなくても、このフラットベンチがあれば十分にいろんな種目が出来ます。

    ベンチ台は体を支える大事な道具ですので、強度・安定感の優れたリーディングエッジの固定式フラットベンチがオススメです。

    ABOUT ME
    MOHITON
    猫好き中年ホームトレーニーのMOHITONです
    こんな記事もおすすめ

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA